プロフィール

当道場について

ジム・ダーズ先生にご指導いただき、養神館合気道の稽古を行っている

養神館合気道明龍館 さいたま道場」です。
平成27年4月に安藤毎夫師範が主催されている養神館合気道龍の内弟子を卒業し、独立後養神館合気道明龍館を立ち上げられたれたジム・ダーズ先生にご指導いただく事となりました。
当会の特色として、ご家族で合気道に親しむ会員が多く、幼年からシニアまで幅広い年齢層で性別を問わずに稽古に励んでおります。

稽古内容

記念総合体育館を利用する場合は、柔道場が無い為、稽古の前に畳を敷き、稽古の後に畳上げを行います。
   
稽古は幼年部/少年部と、一般部に分かれて行います。
長時間稽古が行える場合は、幼年部/少年部、一般部(初心者)、一般部(昇級/有段者)と分かれて稽古を行います。
   
  基本的な稽古の流れは以下となります。

  
  準備運動(養神体操)
       ↓
  基本動作連続
       ↓
  正座黙想
       ↓
  構え/基本動作
       ↓
  受け身
       ↓
  基本技稽古
       ↓
  掛かり稽古(基本技の応用や投技など)
       ↓
  構え/終末動作
      ↓
  正座黙想

 

稽古日時

土曜日、または日曜日の 9時 から 13時 を基本の時間帯として稽古を行っています。

基本の時間帯を例としてクラスごとの稽古時間を記します。

 

 0900 - 0915:稽古準備(畳敷きなど)

 0920 - 0925:準備体操

 0925 - 0930:正座黙想
 0930 - 1030:幼年・少年部稽古
 1040 - 1140:一般稽古
 1145 - 1215:茶帯(3級)以上稽古
 1230 - 1300:後片付け、清掃を行い退場

 

※施設予約の状況によって、時間帯や稽古場所が変更となる場合があります。

   最新の予定は、稽古予定をご確認ください。

※主な稽古場所が柔道場ではないため、稽古前後に畳敷/畳上げを行っております。

 一部会員の協力により準備を行っていますが、人数が少なく時間が掛かっている状況です。

 会員、および保護者の方々に、積極的なご協力をお願いしております。

 

運営

さいたま市在住の有志代表が運営を行っています。
指導は養神館合気道の指導者資格を保持する担当が行います。
月に2度、ジム・ダーズ先生に指導を依頼し、養神館合気道の基本への立ち返りと技術の向上を目指しています。

活動場所

「サイデン化学アリーナ」(さいたま市記念総合体育館)を中心に活動しています。

※予約状況によって、大宮武道館、大宮体育館、駒場体育館を利用することもあります。


養神館合気道龍HPより、参考リンクページをご紹介します。

 


稽古場所